読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「声色 コワイロ。」日記

ナレーター・パーソナリティ 岡佳奈の日々の声色。

すこしずつ、すこしずつ、、ボイススタジオへの道 ①

オフィス

なんてのを借りました!

 

ちょっとあこがれだったんです。

 

ノマド(もう古いんですか?)みたいな、どこでもオフィスも気軽でいいですが、

なんとなく、表札とかも作って、打ち合わせとかしてみたい。

 

形から入るクセ、とはもう長いおつきあい

 

で、何をしたいかというと。。

「ボイススタジオ」を作ってみたいんです。

 

きっかけは、、

 

•ナレータースクールでお友達になったナレーターさんが、自宅に宅録設備をきちんと整えて、練習したり、納品したりしている。

 

•VPのお仕事で、映像を送るので、雰囲気だけ(尺あわせもふくめ)声を録ってファイルで送ってくれませんか?という依頼があった。

(本編は別スタジオで録りましたが、もしここで本編も録れれば、何か貢献できるかも。。と思いました。)

 

•クライアントさんから、日本製品を紹介する動画を中国で流したいが、本当に日本製だと信じてもらうために、日本語の音声で説明していないといけない。

数パターンあるのですが、録れますか?という、時代ねぇ〜という依頼があった。

 

•急な変更や、ひとことほしい!でも、急でスタジオ取れない。。みたいなときにお役に立てたら、、

 

などなど、ありまして、

 

自分でできるインフラは整えていこう!!と思った次第。

 

実は、ほんとはもっと早くやりたかったし、やるべきだったんですが。。
(ぶつぶつと、いいわけ)

 

やっとのことで、一念発起です!

 

、、、でも。。

わたし。。超!アナログやった。。

 

Excelもいまだにできません。。(ほんっとに恥ずかしいが、暴露) 

 

ん、、でも、でもっ!

以前、教えていただいたノートを見れば、分かるはずっ。。

 

あった!!

 

f:id:oka_kana:20170322175224j:plain

 

、、、こ、この図、、か、ら、!?

 

 いやね、授業では、きちんと教えていただいたんですよ。

(機材や、音の性質etc)

 

なのでわたしは、宅録をすべき時に、

パソコンにマイクをつないで、、

なにか(インターフェイス)をあいだに入れればいいのか、、と。

 

そんなふうにすれば出来るんだなぁ、なんて思っていたんです。

 

しかし!

いざとなると、マイクひとつ、インターフェイスひとつ、どこに見に行って、どれを選べばいいのかわかりません。

 

教えてもらって分かった気になってても、やってみると、ほんっとできないですよね。。

 

思えば、局にいたころや、これまでのお仕事は、

構成や流れは、ディレクターさんが台本を作って、バシッとしきってらして、、

映像、音声のプロである技術さん、ミキサーさんがいらして、、

 

わたしの仕事は、その台本をあたまに叩き込んだうえで、

にいかに、超えてくか!が勝負!!と思ってました。

 

 

しかし、それを自分ひとりでやるとなったとき、

 

。。。何もできん。

 

と、あらためて気がつき、

いい歳なのに、社会生活におけるスキルのなさに、愕然とし膝から崩れ落ちたのです。

 

(つづく。。)